運動不足 解消のサイト

日々の生活で、肩や首の凝りに困っている方はきっと大勢いると思います。

 

肩や首の凝りを無くすには、まずは、ストレッチそして筋力トレーニングが一番と言われております。

 

器具やジムを使ったトレーニングはお金も掛かかるよねという人は、器具もジムも使わない、時間もつかわないといった、お手軽かつ効果的なトレーニングがありますよ。

 

首の凝りにつきましては、まず背筋を伸ばし、肩の力を抜いて楽な姿勢になったあと、右腕を横に水平に延して、ジャンケンのパーの形にします。

 

顏は手の反対の左側に向けるようにします。

 

この時の腕のつっぱった感覚が効果的なのですが、あまりに苦痛や痛みを感じるときは無理をせずに、可能な範囲で行ないましょう。

 

そして横に水平に伸ばしてパーの形の手の平を左右に振るようにします。

 

腕や頭は動かさないこと。

 

10から20回ほど手の平を振りますと、かなり腕や首の部分が暖かくなってきます。

 

これが効いてきたという証拠です。

 

右側の次には、反対側も同じようにやってみることです。

 

肩の凝りに効く効果的なトレーニングそれは実は、壁立て伏せです。

 

皆さんご存知である腕立て伏せを壁を使って行って、腕や肩を意識して行うようにしましょう。

 

壁立て伏せによって起る壁立て伏せはこれですべて肩にいくことになりますので。

 

これも10から20回ほど繰り返しますと、肩が暖かくなってくると思います。

 

この壁立て伏せと首のストレッチを日々行っていくことによって、首や肩の凝りがなくなり、かなり軽くなるとのことです。

 

毎日行って、筋力UPと運動解消に励みましょう。